トゥームレイダー

トゥームレイダー

「トゥームレイダー」を観た。

Lara Croft: Tomb Raider

とても久しぶりに観たのだと思う。本作とパート2でどっちがどっちだったかわからなくなってるくらい。ダニエル・クレイグは第二弾で出てくるのだと勘違いしてた。それはジェラルド・バトラーなんだね。

アンジェリーナ・ジョリー主演。ダニエル・クレイグ、ジョン・ヴォイトとか。当時はアンジェリーナ・ジョリーとジョン・ヴォイトの親子が親子役で出演することが話題になったとかならなかったとか。どっちだろう。本作は2001年の作品なんだが、アンジェリーナ・ジョリーは当時といえば「17歳のカルテ」(アカデミー助演女優賞受賞)と「ボーン・コレクター」で注目されていて、ジョン・ヴォイトの娘という二世スター感はあまり無かったような。

大ヒットしたゲーム「トゥームレイダー」の実写化というのは当時期待した。アンジェリーナ・ジョリーはあの特徴のある顔はララ・クロフトとしてどうなんだろうとは思ったが、全体的にはゴージャスだった。インディ・ジョーンズと比較されてしまいそうなストーリーではあるが、トゥームレイダーは激しい銃撃戦という要素を加えたことでわかりやすくなったと思う。中盤のクロフト邸での攻防が特に良い。銃撃、白兵戦、バイク、ロープアクションなどトゥームレイダーっぽい要素が盛り込まれていた。

これはこれで良かったのですがパート2まで作られておしまい。
ところがリブートが予定されているのですね。びっくり。しかもララ役はアリシア・ヴィキャンデルということらしいが大丈夫なんだろうか。あんまりゴージャスじゃなさそうですが。