エンド・オブ・ホワイトハウス

エンド・オブ・ホワイトハウス

「エンド・オブ・ホワイトハウス」を観た。

Olympus Has Fallen

以前も観ている。なんか何も考えないで観られるアクション映画を観たい日もあるもんだ。確か本作は面白かったよなーと何となく鑑賞。

果たして何となく面白かった。前回観たときと感想は一緒。
本作は2013年なんだがえらくキャストが豪華である。アシュレイ・ジャドがちょっとだけ出てたり、ラダ・ミッチェルがちょっとだけ出てたり、メリッサ・レオがメリッサ・レオとわからないような風貌と脇役っぷりで出てたり。アゴ(アーロン・エッカート)は貫禄ある大統領で、ジェラルド・バトラーが超強い。

攻めてくるのが北朝鮮で、韓国の要人はあっさり屠られる。日本人がここに居合わせないということが何か格下扱いのようで悶々とするも、居たら居たで何か言いたくなるんだろう。そういう他人の恋路に関係ないから口出しするわけにもいかないしなあという、良くわからない国際情勢だ。しかし北朝鮮の攻め方は手際が良かったなあ。

 
エンド・オブ・ホワイトハウス スペシャル・プライス [Blu-ray]

エンド・オブ・ホワイトハウス スペシャル・プライス [Blu-ray]
イコライザー[Blu-ray] 劇場公開バージョン イントゥ・ザ・ストーム [Blu-ray] フューリー [Blu-ray] LUCY/ルーシー [Blu-ray] バトルフロント スペシャル・プライス [Blu-ray]
by G-Tools