MOVIE COWBOY はHDDを内蔵する

(昨日の続き:MOVIE COWBOY はHDDを内蔵する)

HDD内蔵といったって、別にHDDを用意してケーブルを繋ぐだけだ。ただマスタに設定する必要があるのだけど。(購入したバルクHDDはしっかりスレーブに設定されていた)

まずはMOVIE COWBOYをUSB接続してNTFSフォーマットしておく。必要なメディアファイルを移して、ここでおもむろにPCから外してテレビのそばへ・・・

なんでそんなことをやらないといけないのか。
こいつはLink StationのようにNAS機能はない。

色々なサイトでレビューを見ると、NAS機能を求む声が多く、また、ファームウェアアップデートでNAS機能に対応の可能性はあるという。確かにNAS機能まで搭載すれば無敵だ。

HDDに入れた内容として試したのは、
・DVDをイメージ化したISO
・DVD構造をもつディレクトリ(でいいんだっけ?VIDEO_TSを含むやつだ)

このあたり。仕様では動くはずだし、実際にやってみると動いた。
うーんなんていうんですかね、ISOで動くってのは・・・俺はなんのためにLinkTheaterを買ったのだろうなあ・・・

しかし、こいつの最大の売りは、なんといっても強力なネットワーク機能なのだ(続く)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です