白鯨との闘い

白鯨との闘い

「白鯨との闘い」を観た。

In the Heart of the Sea

クリス・ヘムズワース主演。共演にベンジャミン・ウォーカー、キリアン・マーフィー、ベン・ウィショー、ブレンダン・グリーソンなど。ハーマン・メルヴィルの「白鯨」の映画化…ではなく、その執筆前夜という趣である。ハーマン・メルヴィルを演じるベン・ウィショーがブレンダン・グリーソンのもとを訪ね、昔の海難事故についてインタビューする。それに着想を得て「白鯨」を執筆するという流れ。

なんとなく「パーフェクト ストーム」「フランケンシュタイン」「アマデウス」などを思い出すような構造になっていると思った。

クリス・ヘムズワースによる白鯨との闘いは実は安定感があるというか、クリス・ヘムズワースだから大丈夫だろうなあという予測がたつ。それよりも白鯨により船が損傷し、もう沈没する前提で脱出するくだりや、そこから漂流してすさまじい生存闘争があるところがポイントだ。白鯨はしつこく追いかけてきて絶望させるものの、話の本筋は白鯨ではなく人間賛歌だったと感じた。「生きてこそ」なのである。

クリス・ヘムズワースと船長はもう少しうまくやれよと言いたかった。あいつだって大変なんだよとか。