次にやるのは「Worry」か「死霊戦線」か「殺意の接吻」か「テラ4001」か

次はどのへんのゲームをやっていくのか、ということだ。

当時あこがれであったゲーム、もしくは想い出のゲーム、というあたりで、なおかつあまり攻略されていないようなところ。

PCを整理しながら、何かないか探してみる。
いくつか見つかった。

worry.gif

これは「Worry」。ちなみにX1版。
なつかしい。確かイトコがX1持ってて見せてもらったような・・・確かじゃないが。でも、この「Worry」はミステリーハウスをさらに面白くしたような印象を受けて、しかもX1、MSX、MZ-2500という機種でしか出ていない。

ハイスピードを売りにしてたから・・・PCG化できる機種のみ対象にしたんでしょうか。
当時、やってみたくてしょうがなかったね。

w_o_dead.gif

「死霊戦線」。2を解いたので、1もやらないとな・・・という気分。画面写真はPC88版ですが、PCエンジン版をやってもいいかなあ、と思っている。

でも、このタイトルは攻略サイトがすでにあるしなあ。

kiss_of_murder_x68.gif

「殺意の接吻」。画面写真はX68000版だが、やるとすればPC88版になるだろうか。音楽はMSX2版が一番いいと思うけども、遅いからな。

「殺意の接吻」は当時あっさりと解いたと思う。「マンハッタン・レクイエム」はどうだったかなあ解いたかなあ。
「マンハッタン・レクイエム」と「殺意の接吻」を比較してみるというのもいいかなと思うのだが。

terra4001.gif

「テラ4001」。画面はFM7版。
当時、PC6001mkIIで解いて、とても感動した記憶がある。

このシリーズ第三作目は、なぜかFM7とPC60だけで出たのだよなあ。不思議だ。
小学生だったか中学生のころだったか。「ハンググライダー」という言葉を「ハングライダー」と間違って覚えていてなあ、なんで「ハングライダー」で先に進めないのか何ヶ月も頭を抱えてたような記憶がある。

これも意外に攻略サイトは見つからないので、やってもいいかなと思っている。

ほかにも本当はあるのだけど、画面写真を用意できなかった。
「幽霊船」「死体は便意を催さない」「ミコとアケミのジャングルアドベンチャー」「アステカ」あたりのADVものはいつでも燃えそうだし、それよりもPCだけに限らないのであればファミコンやスーファミでまだまだ遣り残しているのはあるのだしな。

むかーし「火の鳥」とか「リンクの冒険」とか「スーパースターフォース」とか、一日中ぶっ続けにやって、ノーミスでクリアするくらいまでやりこんでた。

もう二十年前くらいですかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です