ドメスティック・フィアー

ドメスティック・フィアー

「ドメスティック・フィアー」を観た。

ジョン・トラボルタ主演のスリラー。予備知識がないので、ジョン・トラボルタが善人役なのか悪人役なのか知らない。
映像を見る限りでは古い感じの映画だなと思った。2001年なのでそんな古くもないが。

 
ジョン・トラボルタは善人役だった。別れた妻と子供がいて、それでその別れた妻が再婚して、それを祝福して。
でも子供は再婚相手の男に馴染めない。しかも殺人を目撃して、それを周囲に訴えるが誰も信じない。でもジョン・トラボルタは子供を信じて…という話。

なんか後から思うと、そんなにストーリーが悪いわけじゃないと思った。
普通にスリラーなのだ。

でも演出というか脚色というか、どうにも火曜サスペンス劇場みたいでそれで映画として観られない。
もったいないなーと思った。役者陣は頑張ってたし。ジョン・トラボルタも好演だったと思う。