ミッション:インポッシブル2

ミッション:インポッシブル2

いよいよ「ミッション:インポッシブル2」を観る。

知らなかったのだが実はこの日は映画サービスデーで1,000円だ。おかげで滅茶苦茶混んでた。どっちかっていうと端っこよりの、なんとも中途半端な席についてしまった。そしていよいよその噂のサマームービーとやらを観たのだが…

はっきり言うと、面白くなかった。あれは今までにたくさん作られたアクション映画と同じで、何も面白くない。ジョン・ウー色が強く、どうでもいいアクションでスローになったり、いやそれは好みかもしれないかもしれないけど、とにかくジョン・ウーはずっと前からこんなのはやってるだろう。何よりも、あれは「ミッション:インポッシブル」じゃないよ。普通の映画じゃないか。
後で思ったのはジャン=クロード・ヴァン・ダム主演のああいう映画だったら「ありそう」だということだ。

知り合いと一緒に行ったのだが、彼も「面白くない」と言っていた。「すげー眠かった」とも言っていた。俺も途中で何度か寝た。彼は何か納得していなかったらしい。有楽町マリオン11階から降りるエスカレーターの上で彼はこう言う。

「(周りを見て)こいつらみんなアレ観にきたんだよなあ。俺、聞きたいよ、アレ面白かった本当に!?って」