松本清張全集9

松本清張全集9

松本清張全集9「黒の様式」を読んだ。

短編集。全体的にはいまいち。

・歯止め
・犯罪広告
・微笑の儀式
・二つの声
・弱気の虫
・内海の輪
・死んだ馬

全体的に普通。そんなに面白いのはない。
「犯罪広告」「弱気の虫」「死んだ馬」はまあまあ面白かったか。

それらは犯罪に至る動機のプロセスがしっかりあってよかった。
それ以外は、中途半端だったりトリックに重点を置いていて好きじゃない。

「弱気の虫」の前半。麻雀に負け続け借金がふくらんでいく某省の課長補佐の描写はとても面白かった。「犯罪広告」も告発文は面白かったし、死体が埋まってると主張する民家の床を掘り返すくだりは良かった。結末がいまいちなのが残念。

あたりではないなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です