骨の袋

骨の袋

スティーブン・キング「骨の袋」を途中で断念。

序盤から読みにくいなあと思いながら我慢して読んでたが、主人公が問題の別荘に行くまでで断念。
(どうやらそこからが本番らしいですが)

読書はほぼ電車の中だけなんですが、この「骨の袋」は数行読むごとに眠気を誘い、しかも頭に入ってきにくい文章で、ちょっと辛くなったわけだ。

いつか再チャレンジするかもしれないが。
備忘録。