熱帯魚

熱帯魚

吉田修一「熱帯魚」を読んだ。

短編3つがおさめられている。
どれもこれも、吉田修一ワールドという感じなのだろうか。文学っぽいんだがはっきりしない。

悪くはない。けど爽やかな読後感は得られない。ので、ちょいフラストレーションはたまる。

あれっすね、読んで思ったけど、吉田修一の文章って、国語の教科書とか試験に載りそうですね。
「このように言った主人公の気持ちを30字以内で答えなさい」とか。

悪くはない。でもすっきりしないんだよなあ。はっきり言って、むちゃくちゃな主人公ばっかりだし。
面白いことは面白いんだが、これだけを読みたいってわけじゃないな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です