クワイエットルームにようこそ

クワイエットルームにようこそ

「クワイエットルームにようこそ」を観た。

原作は以前に読んでいる。
本はそこそこ面白かった印象。

 
いい感じに映画化されてるなあと思った。
飛びぬけていい感じではないけど、実に「しっくりくる」つくりだった。

原作者が監督やって成功するもんかと思ってたので、意外性があった。
要するになかなか面白かったわけです。

キャストが素晴らしい。特に大竹しのぶ。
検索するとどこの評判見ても大竹しのぶが絶賛されてますが、確かに怪演だった。「発展途上国じゃないんだから!」にはハマった。

 
宮藤官九郎は…なんか好きになれない。なんでだろう。

ともあれレンタル回転率が高いのも納得。