キンキー・ブーツ

「キンキー・ブーツ」を観た。

すごく面白かった。
イギリス映画なんだろうけど、こういう非ハリウッド系はあまり食わず嫌いな俺である。この「キンキー・ブーツ」は嫁がDVDを借りてきたのだが、面白かったのでびっくり。嫁の嗅覚おそるべしだ。

イギリスの田舎町で靴職人を抱える零細工場があって、そこの社長が急死し、息子が急きょ後を継ぐ。この男が主人公。でも長く使える逸品ものの時代ではなく、大量生産の安物が売れているので、工場はピンチであった。
なんとかニッチ市場を見つけたい彼がたどりついたのは、ドラァグ・クイーンが欲しがる靴だった。

ということで、「プリシラ」みたいな世界観に下町工場物語がドッキングしているような話。昔からの職人に少しずつ理解してもらいながら、ミラノのショーを目指すストーリーは、実に王道チックである。なんか伊丹映画みたいな香り。

実際にこの零細工場が立ち直れるかどうかまでは描かれないのだが、全体としては良く出来てる話だなあと思った。がんばれベアーズ系といいますかね…(観たことないけど) ともかくそれ系のお手本のような映画だと思った。

 

キンキー・ブーツ [DVD]

キンキー・ブーツ [DVD]
ハングオーバー! [DVD] ある日モテ期がやってきた [DVD] バーレスク [DVD] ラースと、その彼女 (特別編) [DVD] ブラック・スワン [DVD]
by G-Tools