ブラインド・フィアー

ブラインド・フィアー

「ブラインド・フィアー」を観た。

Penthouse North

なんと2013年の映画である。ミシェル・モナハン主演。共演にマイケル・キートン。
どうして「なんと」と書いたかといえば、この作品がびっくりするくらい古い感じの作品だからだ。まるで80年代のような…どうにも時代を感じさせる作風なのである。監督はJoseph Rubenで、あの「フォーガットン」の監督である。ズバコーンの「フォーガットン」だ。そうか、あの監督か。

戦争カメラマン(カメラウーマン)のミシェル・モナハンは事故で失明し、今は彼氏と一緒にアパート最上階のペントハウスに暮らしている。ザ・非日常。どういう設定なんだ!そしてまたこのペントハウスがスタジオセット感が満載だ。

何故か彼氏が狙われて賊が押し入る。わけがわからないミシェル・モナハンはパニックとなるが、あえなく賊にとらえられる。果たして…というような話だ。

もちろん現在の演出で料理することはじゅうぶん可能であろう。キャストだって別に変でもなんでもない。
でもなぜか「フォーガットン」という迷作を生み出した監督の手にかかると、今どきこれかというくらい何十年も前みたいな作品になるから不思議だ。

こうやって書いていると「フォーガットン」を観たくなってくる。でも観てはいけない。ズバコーン映画だ。あんな作品ほかに例がない。

 
フォーガットン [DVD]

フォーガットン [DVD]
モールス [DVD] スリーピー・ホロウ [DVD] リミットレス [DVD] ドライブ・アングリー [DVD] アメイジング・スパイダーマン [DVD]
by G-Tools