毛皮のエロス

毛皮のエロス

「毛皮のエロス」を観た。

なんちゅう邦題。エロスって。

ニコール・キッドマンとロバート・ダウニー・Jrのエロスな物語なのだ。毛皮はなんだろう。
(原題は「Fur」である。ああ毛皮でいいのか)

ダイアン・アーバスという女性写真家の自伝をもとに作られている。
実話に基づいたかどうかは知らないが、そういうときは得てしてロクなことがない。

ニコール・キッドマンが人妻。上に引っ越してきた不思議な人(顔を隠してる)がロバート・ダウニー・Jrで、その不思議さに興味をもった人妻が会いに行くと、全身毛だらけの、いわゆる多毛症だった。
という話なんだが、まあ突っ込みどころ満載だが実話ベースだからしょうがない。

で、最終的にはエロスなのです。人妻は多毛症の毛を全部剃るのだ。
それが何故か官能的に。

ほんとにね。
いったいどういう映画なんだこれは。

官能的に毛を剃るとはなあ。(そのあとやることはやっている)