雑学のすすめ

雑学のすすめ

清水義範「雑学のすすめ」を読んだ。

いつものコンビ。
今度は雑学か…ベテランがブームに乗っかかるとは。

読んでみてすぐに思ったのは、なんか「またイスラム寄りか」ということだった。
「ああ知らなんだこんな世界史」とかぶる。

あれはあれで面白いけれども、イスラムの知識って、雑学じゃないよなあ。どちらかといえば「飛びすぎる教室」のような、なんか人に言いたくなる雑学のほうが読んでて少しは楽だ。

 
さらっと読めてしまう。
しばらく経つと内容を忘れてしまうなあ。