終末のフール

終末のフール

伊坂幸太郎「終末のフール」を読んだ。
やっとこさ図書館から借りられた。えらい待たされたな…

感想としては、まあまあだった。いや、いまいちだったな。
なんかねー「グラスホッパー」を読んだときと同じ感じだな。「こんなもんか?」とがっかりするような。

やはりかなりのクオリティを期待しているのだろう。
俺にとって当たりが多いだけに残念である。

もうちょい話と話に繋がりがあると良かったなあ、あと、無理だとは思うけど終末が来てほしかった。それと、もう少し具体的にストーリーに突っ込んでほしかった。

ほとんど読んだのだろうか、伊坂幸太郎。
(「魔王」を予約してますが、依然として借りられず)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です