ナショナル・トレジャー2 リンカーン暗殺者の日記

ナショナル・トレジャー リンカーン暗殺者の日記

「ナショナル・トレジャー リンカーン暗殺者の日記」を観た。

前作と同様に、アメリカ版徳川埋蔵金。
大統領を誘拐したり話がますます荒唐無稽に。

楽しめるか?といえば微妙なところ。
前作に比べてパワーダウンしたのは間違いないと思う。もう続編にはよくあることですが、序盤の緊張感がないのと、中盤以降にダレる感じが…
第一作目ってのは、序盤は知らない人が知らない話を始めるわけで、緊張感が当たり前にあるんだけど続編だとそれがない。だから緊張感を作らないと、映画を観てるって感じがしない。序盤で惹き付けられないので、中盤にはもう飽きてくる。

 
エド・ハリスやヘレン・ミレンが出てくるが、もう頭にあるのは「平均年齢高い映画だなあ」ということくらい。
調べてみたら、ニコラス・ケイジのチームの若い男だけですよ、登場人物で20代なのは。
いまだに50代や60代の役者だけで固めるハリウッド映画事情。

 
あと、ニコラス・ケイジとエド・ハリスって「ザ・ロック」で共演してたなあということと、それとニコラス・ケイジが最後に「ケネディ暗殺の犯人を知りたいか?」とか言ってたような。
あれってパロディなのかなあ。だとしたらそんなに笑えないな。