ナショナル・トレジャー

ナショナル・トレジャー

「ナショナル・トレジャー」を観た。
(この前、間違って借りてしまう羽目になったが、あの後なんとかなった)

なんか軽そうだなあと思いつつも、なぜか観ないでいた映画。
ニコラス・ケイジだからか?

 
もうインディ・ジョーンズやトゥームレイダーの世界なんだろうな…と予想してた。
が、わりと予想を裏切ってくれた。舞台はアメリカなんすね。

全編とおして、実に荒唐無稽だったり、でも本当かもしれないと思わせてくれたり。
好きな人にはたまらないんでしょう。この手の話。

見せ場が多くて疲れた。というのと、説明台詞が多くて疲れた。
何かの印とかメッセージが出てきたところで、登場人物が「そうそう、これは何とかの何とかで、つまりこれこれこういうことを意味しているのだ」と言われて。
「ああ、そうなんですか」と聞いておくしかないし。

 
キャストが豪華だった。
でも、ハーベイ・カイテルまで必要だったのか?という気がしないでもない。

悪くはない。
でもなぜか眠くなる映画だった。