弟切草

「弟切草」をプレイする。

実は初めてやるのだった。「かまいたち」「街」など何度もやったりしたものだが(かまいたちは金のしおりまでやった)、「弟切草」はなぜかプレイする機会がなかった。

で、やってみた。
テンポがいいなあと感心させられた。
特に感心したポイントは、一度クリアして二度目を始めたとき、導入がテンポアップされていることだった。
つまり初プレイ時は、物語の舞台となる館に入るまではちゃんと説明がじっくりなされるのだが、二度目になるとそのへんは大きく変わる。
もうすでに読んでいる文章はほとんど出てこないで読みやすく省略されてるし選択肢も増えて、つまりは「お、このゲームはプレイを重ねて楽しむタイプなのだな」とちゃんと明示しているのだ。

非常に参考になる。そうなんだよ。こういうタイプのをやってみたいんだよ。