ジャックとジル

「ジャックとジル」を観た。

アダム・サンドラーとアダム・サンドラー(双子役)、あとケイティ・ホームズ。そしてなんとアル・パチーノ。カメオ出演でジョニー・デップが出てきてびっくり。

アダム・サンドラー扮するジャックとジルがお互い喧嘩しながらも絆を再確認する物語。といってもコメディ。
アル・パチーノが何故かジルに惚れてしまう。このへん無茶苦茶。ジャックはアル・パチーノにCMに出演してほしいので、自分がジルに化けてアル・パチーノに接近する。たぶんそうなるんだろうというプロットだった。ケイティ・ホームズが途中から出てこなくなったなあ。なぜだ。

みどころはほとんど無い。ラズベリー賞を総なめし(盗作疑惑まで)、評判はかなり悪かったようだ。が、中盤の巨大クルーズ客船の凄さと、あと最後にノリノリで踊ってるアル・パチーノは見ごたえありだろう。
あの豪華客船は凄いなあ…船の中にメリー・ゴーランドがあるのかよ。

詳細は、オアシス・オブ・ザ・シーズ(Wikipedia)を読むといいだろう。こんなの一度乗ってみたいね。