水の迷宮

水の迷宮

石持浅海「水の迷宮」を読んだ。

やっぱり石持浅海だ!という感じのクオリティ。(いまいちだったという…)
なんで読むんだろう俺。

暇つぶしを求めてるのかな…と不埒なことを考えたのだが、やっぱり「今度こそ面白いんじゃないか?」と期待させられる作者だからだろう。
たぶんそうだ。

話のほうは、水族館の中で謎の事件が起こって人が死んで、いったい誰が犯人なのかって話。
根本的にはどれも一緒で、切り口が違うだけってのがなんとも量産型でいやな感じだけど、そこそこ楽しめる。

おすすめはできない。
でもどうなんでしょ、石持浅海ってマイナーだと思うんだが、ミステリー好きならまあ一回くらい読んでみてはどうでしょうかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です