異人たちの館

異人たちの館

折原一「異人たちの館」を読んだ。

凝りに凝ったトリックを仕掛ける作者らしい…という評判を読んで、はじめて挑んでみた。
確かに凝りに凝っていた。

いろんなひっくり返しがある。

しかしそれが楽しいとか快感かっていうと、そうでもなかった。
なんか昔の作品っていうかなあ、古い感じがする。

まずトリックありきで、それだけで勝負って雰囲気なんですな。

ラーメン屋でガンコ親父の店で、味は良いんだけどそれに自信があるから、内装は汚く照明も薄暗くって…というこだわりの店。
でもね、そういう店はもう行きたくねえんだな。やっぱり薄暗いのは嫌なんだよなあ。綺麗にしろよって思うのだ。普通に人間なんだからさ、ちゃんとしろよってな。

ケンタッキーが好まれるかそうでないかは置いといて、俺はケンタッキーがかなり好きなのですね。
あと何十年かしても、ケンタッキーは相変わらず美味しくて、ブランドはきっちりしててマニュアルもきっちりしてて、栄えてると思うのだが、俺はそういう普遍的なところに憧れるな。

まあなんのことやらよくわからんが、あと少しは読んでみようと思う。
とりあえず代表作らしいのを、図書館に予約入れました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です