2015年上半期に観た映画とベスト

(参考リンク)

2014年下半期に観た映画と、2014年のベスト
2014年上半期に観た映画とベスト
2013年下半期に観た映画と、2013年のベスト
2013年上半期に観た映画とベスト
2012年下半期に観た映画と、2012年のベスト
2012年上半期に観た映画とベスト
2011年下半期に観た映画と、2011年のベスト
2011年上半期に観た映画とベスト
2010年下半期に観た映画と、2010年のベスト
2010年上半期に観た映画とベスト
2009年下半期に観た映画と、2009年のベスト
2009年上半期に観た映画とベスト
2008年下半期に観た映画と、2008年のベスト
2008年上半期に観た映画
2007年下半期に観た映画と、2007年全体のベスト
2007年上半期に観た映画
2006年下半期の観た映画と、2006年全体のベストをやってみる
2006年 映画も上半期棚卸し

2015年上半期に観た映画と、そのベスト。
いつも通り対象となるのは、初めて観た映画。海外ドラマはのぞく。
(*)がついてるものは、過去に観たことがあるもの。

(*)デジャヴ
(*)007 スカイフォール
コードネーム: プリンス
ペイン&ゲイン 史上最低の一攫千金
パワー・ゲーム
(*)007 トゥモロー・ネバー・ダイ
スパイ・レジェンド
エクソダス:神と王
(*)セント・オブ・ウーマン/夢の香り
NY心霊捜査官
FRANK
(*)イーグル・アイ
エンジェルの狂気
(*)007 ゴールデンアイ
ハロウィンH20
余命90分の男
GODZILLA ゴジラ
フラッシュバック
ブラック・ハッカー
クレイジー・ドライブ
愛を複製する女
インフェクション/感染
プールサイド・デイズ
ライフ・オブ・クライム
インターンシップ
ダウト・ゲーム
ロスト・フロア
ジンジャーの朝 さよなら、わたしが愛した世界
キリング・ミー・ソフトリー
(*)007 カジノ・ロワイヤル
(*)007 慰めの報酬
不良探偵ジャック・アイリッシュ 死者からの依頼
(*)崖っぷちの男
96時間/レクイエム
(*)ゼロ・グラビティ
ハネムーン
モンスター
グランド・セントラル
美しい絵の崩壊
イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所
アバウト・タイム 愛おしい時間について
転落の銃弾
リスボンに誘われて
(*)タクシードライバー
誰よりも狙われた男
マダム・マロリーと魔法のスパイス
記憶探偵と鍵のかかった少女
ランナーランナー
プロミスト・ランド
ザ・バッグマン 闇を運ぶ男
ゴーン・ガール
イコライザー
ファーナス/訣別の朝
DEBUG/ディバグ
バートン・フィンク
ケープタウン
スペース・ステーション76
ジャージー・ボーイズ
ステイ・コネクテッド つながりたい僕らの世界
サボタージュ
インターステラー
カムバック!
トランストリップ
クライシス・デイ
私の、息子
猿の惑星: 新世紀
ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!
ラビリンス 抜け出せないふたり
ユー・ウォント・ミー・トゥ・キル・ヒム
バーチャリティ12
パークランド ケネディ暗殺、真実の4日間
デッドハング
(*)ランボー
あなたとのキスまでの距離
(*)ミッション: 8ミニッツ
ニコール・キッドマンの恋愛天国
(*)ダイ・ハード4.0
ラスト・デイズ・オン・マーズ
(*)マイノリティ・リポート
ゲッタウェイ スーパースネーク
(*)M:i:III
ブロークン
スリー・モンキーズ
サード・パーソン
アイ・アム・ニューマン 新しい人生の見つけ方
マチェーテ・キルズ
LUCY/ルーシー
エネミー・ライン4 ネイビーシールズ最前線
(*)キングダム/見えざる敵
MI5:消された機密ファイル
(*)12モンキーズ
ポンペイ
インサイド・ミー
8月の家族たち
300 〈スリーハンドレッド〉 帝国の進撃
バトルフロント
チョコレートドーナツ
フライト・ゲーム
(*)告発のとき
友よ、さらばと言おう
(*)ミッション:インポッシブル2
(*)瞳の奥の秘密
(*)ソウル・キッチン

103本であった。頑張って観たほうだろう。

この数年で感じているけど映画は尺が短くなる傾向にあると思う。昔の映画だと120分がデフォルトだったが、最近は100分くらいがデフォルトだと思う。劇場における回転率とか客に敬遠されるとか色々あるのだろう。実際、120分だと「うーん、いまから観始めると寝不足になるな」とやめてしまうところを、90分くらいの映画だと「まあ観ておくか」となる。

最近忙しくなってるとはいえ、映画をそこそこ観られる背景には80分とか90分とかの映画が増えてることが大きい。

さてこの中から面白かった映画はというと…

フラッシュバック
愛を複製する女
プールサイド・デイズ
インターステラー
フライト・ゲーム
スパイ・レジェンド
FRANK
ロスト・フロア
アバウト・タイム 愛おしい時間について
マダム・マロリーと魔法のスパイス
プロミスト・ランド
ゴーン・ガール
ファーナス/訣別の朝
ラスト・デイズ・オン・マーズ
ブロークン

という感じ。これらはどれも面白い。お薦めです。
さてこの中でベスト3をつける。

インターステラー
第1位 インターステラー

フライト・ゲーム
第2位 フライト・ゲーム

プールサイド・デイズ
第3位 プールサイド・デイズ

愛を複製する女
次点 愛を複製する女

インターステラー」は力作かつ壮大。スケール感では圧倒的だった。キャスティングも素晴らしい。キャラクター同士の繋がりも綺麗に整理されていた。マシュー・マコノヒーに「ダラス・バイヤーズクラブ」の後にさらにこんな作品が待機していたとは。
フライト・ゲーム」は「フライトプラン」が確立させてしまったかと思った「機内サスペンス」の王者の座を奪取した作品。不可能犯罪と思えてまさか精神的なオチかと思ったがすべてが理詰めで、練りに練られた脚本。
プールサイド・デイズ」は鑑賞後の爽やかな余韻、サム・ロックウェルの素晴らしい演技、トニ・コレットの打率の高さなどを味わえる佳作。
愛を複製する女」は観る人を選ぶ作品だと思うけどシンプルな舞台設定でも飽きさせない脚本と演出、そしてエヴァ・グリーンの語りすぎる眼力が圧倒的でした。
どの作品もお薦め。