パラノーマル・アクティビティ

パラノーマル・アクティビティ

「パラノーマル・アクティビティ」を観た。

話題になったなあ。ブレアウィッチ系。モキュメンタリーとも。
無名の俳優を使って、150万円で作って150億円の興行収入になったという化け物映画だ。

そうすね、それなりにドキドキしながら観ましたよ。
最後どうなるんだろうなあという期待もあったし。

でも短い映画のはずだが、なんとなく退屈なときも多かったかなあ。そもそも形式からしてストーリー性がないし、場面も転換しないし。「来るぞ来るぞ」となるのは、はっきりしててわかりやすいが、その合間で喧嘩ばっかりしてる二人に、若干辟易なのである。もうちょい会話面白くしろよ的な。
でも「フォース・カインド」に比べれば、かなりまし。

今になって考えてみると、「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」ってのは良く出来てたなあと思うわけだ。
あっちは謎の提供が話のメインではなくて、むしろ鑑賞後に色々想像させる余地があるしな。