ボディガード

ボディガード

「ボディガード」を観た。

実は観たことないんですよ。

ケビン・コスナーの全盛期で、ホイットニー・ヒューストンが出てて、「エンダー…」っていう歌が主題歌で。ってことは知ってます。
今回初めて観たわけですが、ああそういう映画なんですかと。

ボディガードの映画で、なんかじらした挙句最後には結ばれるんかなと思ってたが、えらくあっさり結ばれたなあ。それでもって別荘みたいなところに行った中盤はなんだったんだ?
てっきり、あれがクライマックスだと勘違いした。だから切り口はボディガードだけど、最終的にはダイ・ハードよろしく限定空間で戦うんかな?と思った。

ところが別荘から帰ってきたりするので、あれは何だったんだろうと。そのへんで「この映画長いなあ」と思った。
アカデミー賞だかグラミー賞だか、そういうっぽい会場になって、やっとボディガードっぽくなった。
むしろあそこだけで90分くらいで、キーファー・サザーランドでやれば、なんかそれっぽくなるんじゃないか?もちろんホイットニー・ヒューストンじゃなくてそうだなあ、ビヨンセになるんすかね。

 
Richard Schiffが出てたんだ。へえ。

ケビン・コスナーはいい感じだったけど、そんなに面白くなかった。