四角な船

sh200506.jpg

井上靖「四角な船」を読んだ。

まあまあ面白かった。
爽やかな読後感とか、救いのあった話とか、そういうわけでもないのだが、井上靖の筆力といいますか何というか。
その世界観には引き込まれた。

読んでよかった。

世界の終末が来てどでかい洪水がやってくることを言い、職人に箱舟の製作を依頼する狂人。
製作を依頼されて戸惑うも、ストイックに箱舟を造ろうとする職人。
そんな状況に目をはなせなくなった主人公の記者。

狂人は姿を消し、後を追って探す記者はやがて狂人を狂っていると知りながらも、それでも狂人だけがまともなのかもしれない、と確信していく・・・という感じの流れだ。

狂人は、ほんの少ししか出てこないところが憎い演出。
想像力をかきたてられる。

愚直な職人にイライラしたり、記者の心境の変化に心配したりと、感情移入しながら読めた。達者な文章ですなあ。いまさらだが。

構成としては、明快な起承転結なわけではなく、長い話の中で細かいエピソードが盛り込まれてやがて、おなかいっぱいになって終わる、という感じだ。
こういうの多いね。多い割にははずれは少ない構成だと思う。

読み応えがある、というのとも違うが、世界観をじっくり味わうことで知的満足を得られるのではないでしょうか。
スティーブン・キングの普通小説とか。有吉佐和子の「非色」なんかもそう。松本清張の「けものみち」なんかもそうだ。

次は何を読むか・・・

表参道で連日、ドラマの収録をやっておる。
この前、ヒロスエを見た。距離にして1mくらいに接近してきて初めて気付いたので、ちょっと驚いた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です