J・エドガー

「J・エドガー」を観た。

クリント・イーストウッド監督、ディカプリオ主演という、ありそうでなかった組み合わせである。しかしディカプリオはノミネートすらされない。恐ろしいもんだ。

映画のほうは、FBIの基礎をつくり長期間に渡ってアメリカの中枢に君臨したフーバー長官をディカプリオが演じる。他にナオミ・ワッツがディカプリオと仕事の女房みたいな位置で脇役。あとディカプリオの母にジュディ・デンチ。他に「ソーシャル・ネットワーク」の双子とかバーン・ノーティスとか、色々。

全体的に暗い映画である。フーバー長官の業績が明るくハッピーな話ではないということで全編にわたって非常に暗い。あと陰謀的。何もかもがフーバーに支配されてる感があり、居心地は若干悪いものがある。ナオミ・ワッツとかがもうちょい華を添えてくれればよかったかもだが、華を添えるのは双子のほうだったとは。
さすがクリント・イーストウッドなのかも。

全体的には、「カポーティ」を何故か思い出しました。

 
J・エドガー Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)

J・エドガー Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)
ドラゴン・タトゥーの女 デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組) [Blu-ray] シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム Blu-ray & DVDセット(初回限定生産) ものすごくうるさくて、ありえないほど近い Blu-ray & DVDセット(初回限定生産) ドラゴン・タトゥーの女 [DVD] ペントハウス ブルーレイ+DVDセット(デジタルコピー付) [Blu-ray]
by G-Tools