トゥルーライズ

「トゥルーライズ」を観た。

なんか「トゥルーライズ」のことを嫁が口にしたものだから、つい観たくなってしまい借りてきた。
もう何度目だろうか。前に観たのは2005年か、結構前だなあ。

ま、面白さは陳腐化してませんでした。最初から最後まで、ご都合なところもあるけど映画の楽しさを満喫させてくれる。かなりアメリカ万歳でちょっとどうかと思うところもあるが。

シュワルツェネッガーの娘がEliza Dushkuだったことは、今回初めて認識した。ここにいたんですなあ。驚いた。

2005年に観たときから環境もかなり変わった。テレビ画面もでかくなった。おそらくDVDのアップコンバートも効いてることだろう。
(今回もブルーレイではなかったが)
これ、ブルーレイで観てたら結構えらいことかもなあと思った。特に序盤のアクションシーンで顕著だが、どの場面も結構シュワルツェネッガーじゃないのである。DVDで観てても笑ってしまうほどよく判別できた。「おいおいここもシュワルツェネッガーじゃなかったのかー!」と別の楽しめ方もあった。

 
次、また数年後に観るときはブルーレイかなあ。
(ブルーレイなんてなくなってるかもだが)

 
トゥルーライズ [DVD]

トゥルーライズ [DVD]
コマンドー (ディレクターズ・カット) [DVD] プレデター (DTSエディション) [DVD] ラスト・アクション・ヒーロー [DVD] イレイザー [DVD] トータル・リコール [DVD]
by G-Tools