ハロウィンH20

ハロウィンH20

「ハロウィンH20」を観た。

Halloween H20: 20 Years Later

まったく本シリーズに無知だったので、これを観終わっても「H20」を「H2O(エイチ・トゥー・オー)」だと思っていた。ハロウィンで水?水って何だろうとか思ってた。20ですか。20年後という意味なんですね。

「ハロウィン」シリーズをあまりに何も知らないのです。Wikipediaを読んだがピンとこない。ブギーマン?そういえば聞いたことあるような、ないような。

1978年の第1作公開以来、シリーズで8作、リメイクで2作も作られているのですね。ほんとに知らなかった。ジェイミー・リー・カーティスのキャリアはここが基点なのですか。へえええ。

なんで本作をいきなり観たのかというとミシェル・ウィリアムズを全部観るにあったためで、まさかシリーズものの一つとも思ってなかったのだ。
実際に観るとジェイミー・リー・カーティスは過去のトラウマがあったり定番と呼ばれるようなシーンぽいのもあったりで、さっぱりわけがわからなかった。本作ではミシェル・ウィリアムズのほか若きジョゼフ・ゴードン=レヴィットが出ていたり(オープニングで惨殺される)、ジョシュ・ハートネットも出ている。明日を夢見るスターの卵たちが1998年のこの作品に出ていたのだった。

なお、ホラー映画という視点で観てもとにかく前時代の作りだったと思う。あまりにチープで、殺人鬼もボサーっと立ってて絵にならないし、ちっとも怖くないしで厳しいものがあった。シリーズを通して観ると感慨深いシリーズ第7作なのだろうけど…

それにしてもH20とは。水じゃないんですね。

 
ハロウィンH20 [Blu-ray]
ケヴィン・ウィリアムソン

ハロウィンH20 [Blu-ray]
ハロウィン レザレクション(Blu-ray Disc) ハロウィン6 最後の戦い(Blu-ray Disc) 死霊のしたたり2(Blu-ray Disc) パラダイム [Blu-ray] 死霊のしたたり インテグラルバージョン(Blu-ray Disc)
by G-Tools