パブリック・エネミーズ

パブリック・エネミーズ

「パブリック・エネミーズ」を観た。

ジョニー・デップがパブリック・エネミーなわけである。銃撃ばりばり。
他にマリオン・コティヤールが美人の役、クリスチャン・ベールも。あとちょろっとジョヴァンニ・リビシとかリーリー・ソビエスキーとか。

大恐慌の時代、といっても70年ほど前のアメリカでは、こんなに秩序のないカオス状態でした的な、そんな映画。アメリカ人はわからねえ的な。なんでこんなの撮りますかというか、どこらへんに面白みを感じるわけだよと聞きたい作品である。マイケル・マン監督なんだ。なにやってんすかマイケル・マンさんーーとでも言いたくなるような作品だった。

んー面白くなかったかなあ。

つくづく今更なんだよなあ。
どこらへんに熱い血潮を感じろというのか、とかね。

マイケル・マンって役者殺しなのかなあ。魅力のなさといったらもう…