アマゾン・ドット・コムの光と影―潜入ルポ

4795843422.09.LZZZZZZZ.jpg

「アマゾン・ドット・コムの光と影―潜入ルポ」を読んだ。

単行本でそれなりのボリュームだけど、文章は平易で一気に読んだ。
秘密主義のアマゾンを探るため、物流センターにアルバイトとして潜入し、その内情を暴露する・・・という内容だ。とりあえずそういう煽り文を読んで「おおっ」と思い、購入していた。

しかし、単なるバイト日記だ。
興味のある記述もありましたよ。俺は、アマゾンの取次は大阪屋だとばかり思っていたけど、すでに日販が入っていて、日販からの仕入れ規模が大きくなっていることは、恥ずかしながら知らなかった。

あと、仕入れ元にブックオフがあるだとかね。

そういうところは「へえ」と思って読んだが、あとは単なるバイト日記。
華やかな躍進をとげるアマゾンの影の部分として、厳しい管理下にある物流センターの風景を書いているけど、そんなのどこの物流センターだって同じだと思うし。

日本であれ海外であれ、物を作るってことは最終的には誰かが手を動かさなければならないし、それで労働賃金をギリギリまでさげるのは当然のことでしょう、と思う。

上流工程にしても下流工程にしても、残業やら単純作業やら、とにかくヒーヒー言うて働く人は必要になる。なので、アマゾンに潜入しましたが、バイトは大変でした。って言われても。

他にもアマゾン暴露・研究ものはあるので、そのへんを読んでみるかな・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です