グレイティスト

「グレイティスト」を観た。

ピアース・ブロスナン、スーザン・サランドン、キャリー・マリガン。あとAaron Johnsonは「キック・アス」のヒーローオタクだな。

17歳の肖像」で強烈だったキャリー・マリガンの同時期の映画である。運命の彼と初めて結ばれて、その日に交通事故に遭う。でも妊娠していることがわかり、彼の両親(が、ピアース・ブロスナンとスーザン・サランドン)のところに転がり込む。

結構設定としてはとんがってる。話の最初はキャリー・マリガンの非常識っぽいところが目立つが、全体としてはピアース・ブロスナンとスーザン・サランドンの魂の再生物語なのである。「ラビット・ホール」といい、何だか多いねこういうの。ふと思うのは、ハリウッドが全体的に高齢化しているとすれば、息子娘を失った悲しみを描く物語は高齢役者にはぴったりなのかもしれないなということだった。

それはさておき、いまいち再生しきれない老夫婦がいて、でも最後の最後にキャリー・マリガンが陣痛が始まるころになると、ずいぶんとしっかりした一体感が生まれるのだった。そこに至るまでは若干ストレスだったことは確かだった。でも終わりよければ全てよしなのだろう。
最後は綺麗にまとまった映画だった。

キャリー・マリガンには頑張っていただきたいものです。

 
グレイティスト [DVD]

グレイティスト [DVD]
シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム Blu-ray & DVDセット(初回限定生産) J・エドガー Blu-ray & DVDセット(初回限定生産) ドラゴン・タトゥーの女 デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組) [Blu-ray] ものすごくうるさくて、ありえないほど近い Blu-ray & DVDセット(初回限定生産) マイ・フレンド・フォーエバー [DVD]
by G-Tools