レイヤー・ケーキ

「レイヤー・ケーキ」を観た。

ダニエル・クレイグ主演。2004年の作品であり、ジェームズ・ボンドよりも前である。「ミュンヘン」より前だ。
だからというか、この作品はどうも後年のダニエル・クレイグをミスリードしているような印象を受ける。何かマッチョにピンチを切り抜けるとか、機転をきかすとか、そういうダニエル・クレイグなのかと勘違いしてしまうのだ。

実際は半端なクライムストーリーである。ダニエル・クレイグは足を洗おうと思ってるヤクのディーラーなのだが、そろそろ最後と思ってた仕事がやばい感じになってしまいドタバタ…というやつ。怖いボスがいたり、対立する組織があったりである。
なんかダニエル・クレイグってどちらかというと一匹狼な感じで誰にも命令を受けず、でも女はしっかり抱くぜ的な感じがあるじゃないですか。だから、ボスに怖いこと言われて慌てるダニエル・クレイグって、らしくないわけだ。イメージと違うのですよ。ミスキャストといえばそうだが、それは今だからそうなのであって、そう考えるとジェームズ・ボンドによって作られた男のイメージって凄いんだなと思うわけです。
そういえば「インベージョン」のダニエル・クレイグだって若干の違和感はあるしねえ。

 
レイヤー・ケーキ コレクターズ・エディション [DVD]

レイヤー・ケーキ コレクターズ・エディション [DVD]
メカニック [DVD] ドラゴン・タトゥーの女 [DVD] マチェーテ [DVD] アンノウン [DVD] パルプ・フィクション [DVD]
by G-Tools