女と女と井戸の中

女と女と井戸の中

「女と女と井戸の中」を観た。

雰囲気は悪くない。でも途中何度か寝た。絶対に眠くなるだろうと予想して、万全のコンディションで望んだにもかかわらず途中で何度か寝た。もし映画館で観たら…寝なかったかも。どうだろう。

次回公演ではどんな仕掛けをやったろうかとか考える最近。ふと考えてみると「主犯パンチネロ」が終わってからまだ10日も経っていないのだった。って最近そんなことばっかり書いてるが。

ビデオテープの整理をする。部屋には何の目印もないビデオテープ、MD、8mmビデオテープなどが山のようにあるのだ。どこに何が入っているのかさっぱり見当がつかない。だからビデオテープの整理をする。すると、とんでもないものを発見。前に済んでた部屋のその前に済んでた部屋、筑波時代のアパートにて部屋飲みをしている模様を録画したものが出てきた。日付からして2年以上前。1998年3月である。確かこの部屋は3月で出たから、引越し直前であると思われる。会話の内容からも東京で生活を始めることを喋っているし。

しかし…録画してたんだな。実際、録画したのは俺なんだけど、こんなビデオテープの存在すら忘れてた。おそらく何かの感が働いて録画したんだろうか。今見ると色々と感慨にふけってしまう。