ライフ・オブ・デビッド・ゲイル

ライフ・オブ・デビッド・ゲイル

「ライフ・オブ・デビッド・ゲイル」を観た。

初めて観た。
うーむ、なかなか面白かった。

演出で非常に古臭い箇所がいくつかある。転換とか。音とか。
音はいただけない。

でも脚本とか俳優が良い。

内容はタイトルそのまんまで、もうすぐ死刑になるのがケビン・スペイシーで何かありそう。で、それを取材するのがケイト・ウィンスレット。…だから誰がケイト・ウィンスレットを連れてくるんだろう。不思議だ。

 
いかにもどんでん返ししますよ的な映画。

世の中の評判としては、どんでん返しが見事らしい。
でも思うのは、あれはあれで当たり前というか、ある程度は読めたけど読めたとか読めなかったとかではなく、まあああいう風にどんでん返しをするだろうなあ、と。
そうでなければ何のための映画かってことだしなあ。

Matt Cravenって時々見るな…
ローラ・リニーって随分体当たりだなあ。こういうのやるのか。…