ノーバディーズ・フール

「ノーバディーズ・フール」を観た。

ポール・ニューマン、ジェシカ・タンディ、ブルース・ウィリス、メラニー・グリフィス、そしてフィリップ・シーモア・ホフマン。
そうかこれ、1994年の作品なのか。もう20年近く前ということになる。凄いな。

映画としては淡々としてる。ポール・ニューマンが老いても働かざるを得ない環境で、まわりに頼られて、それでも少しずつ人生が枯れていく…といった感じ。でも枯れても男だぜ、というところもあり。
ブルース・ウィリスがキャスティングされていることは奇跡ではないでしょうかね。そもそも「ダイ・ハード」のイメージが強すぎるが、本来は「ブルームーン探偵社」での達者ぶりが売りだったのである。演技派であるはずなのだ。フィリップ・シーモア・ホフマンも若い。なんと「セント・オブ・ウーマン」からわずか2年後なのだ。

メラニー・グリフィスがヒロインであるところが実に20年近く前という感じはあります。何より、この映画がジェシカ・タンディには遺作となり、そしてポール・ニューマンも今は故人なのだ。これでノミネートじゃなく受賞だったらよかったのにねえ。
(獲ったのは「フォレスト・ガンプ」でトム・ハンクス。この年は「ショーシャンク」と「パルプ・フィクション」もぶつかってくるという凄い年なのだ)

 
1994年(第67回)アカデミー賞
主演男優賞ノミネート(ポール・ニューマン)
脚色賞ノミネート

 
ノーバディーズ・フール [DVD]

ノーバディーズ・フール [DVD]
評決 [DVD] トワイライト~葬られた過去~ [DVD] シャドー・メーカーズ [DVD] フライド・グリーン・トマト HDマスター [DVD] ロイ・ビーン [DVD]
by G-Tools