閉ざされた森

閉ざされた森

「閉ざされた森」を観た。

Basic

2003年の映画。ジョン・トラボルタ、サミュエル・L・ジャクソン、ジョヴァンニ・リビシとかハリー・コニック・Jrとかも出てくる。ヒロインはConnie Nielsenという人。この女性が実質の主役だ。

ジョン・トラボルタ、サミュエル・L・ジャクソンということで、ほぼ10年前の「パルプ・フィクション」を想像してしまうわけだが、それとは大きくかけ離れた作品。難解だと思います。これは。

レンジャー部隊が訓練に向かったが、行方不明となり、発見された三人はお互いに撃ちあっており、一人が死亡、一人が重傷となった。いったい何があったのか…ということで、トラボルタが呼び寄せられた。

全編、雨降る夜の話である。一人無事だった男がなかなか口を開かずなんだが、トラボルタが少しずつ懐柔していく。それで色々な事実が浮かび上がるんだが、何が真実なのか?というところで頭の中をぐちゃぐちゃにさせてくれる映画なのである。「藪の中」のような作風なのだ。

しかし、この映画を観たのは二度目だと思うけど、今回もスッキリ理解できなかったと思う。何が真実だったのか?というミステリー性を堪能する以前に、誰が誰なのかわからないんですよ。ダンバーって誰だっけとか、パイクって誰だっけとか。
そもそも訓練に向かった7名の全容がわかるのが序盤過ぎてからなのだ。口を開かない一人残った構図を最初に示しているから。だから途中で「え、部隊に女性もいたのか!?」とかわかるし、で、こいつは誰なんだとか思うし。
すごく頭に入ってきにくい造りになってると思う。最後までスッキリしなかった。最後の最後のどんでん返しにて、「ああなるほどなーー!!」って膝を打てないのですよ。その前までクエスチョンマークが頭に残ってて整理できてないから。

難しいんだよなあ。もう一回観たほうがいいんだろうか。

 
閉ざされた森 コレクターズ・エディション [DVD]
B002MTS3ZQ