破損したプログラム

画像を右クリックして、「名前を付けて画像を保存」とすると、普通はそのまま保存できるのだけど、たまにbmpでしか保存できなくなるときがある。

これは一般にはキャッシュが破損しているので、キャッシュをクリアすれば治る・・・ということは、知っていた。
(ちなみに、うちだけの環境かもしれないけど、キャッシュの削除を行ったとたん、必ずブラウザがフリーズするのだが、おもむろに Ctrl+Shift+Esc でタスクマネージャを開いて、ブラウザが「応答なし」になってるのを冷ややかに眺めてると、しばらくして復活するのです。知ってた?)

で、最近、すごい気になってたのは、このbmpでしか保存できない状態が頻発していたことだ。
ほぼ毎日キャッシュを削除してんじゃないか、と思えるくらい、頻発してた。

気になってしらべてみる。すると、こいつ。

Internet Explorer で画像がビットマップ (.bmp ファイル) として保存される

この現象は、破損しているプログラム ファイル (たとえば、ActiveX または Java のオブジェクト) がハード ディスクの SystemRoot\\Downloaded Program Files フォルダにダウンロードされている場合に発生することがあります。

もうひとつ原因があったのだ。
Downloaded Program Filesを開くと、確かに破損したプログラムがあったよ!

なんだったんだろうな、このプログラムは・・・

とりあえず今はちゃんと動作している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です