レイダース/失われたアーク《聖櫃》

レイダース/失われたアーク《聖櫃》

「レイダース/失われたアーク《聖櫃》」を観た。

Raiders of the Lost Ark

何度も観たことある映画。前に観たのは5年前か。
子供たちと観た。子供たちはかつてXbox360のレゴ版インディ・ジョーンズに相当はまっていた時期があり、映画を観て「あ、あの場面だ」とわかるようだった。そもそもゲームをやってた頃も数年前だというのに…よく覚えてるもんだ。

自分自身が子供の頃に観てた映画を一緒に観るというのは実に不思議な感覚だ。オープニングの冒険はさておき、そこから序盤の大学での依頼エピソードなどは退屈というかよくわかってなかったんだが、果たして子供たちも退屈のようだった。やはりアクションシーンが必要なのでしょう。

どうしても続編「魔宮の伝説」とごっちゃになる。
この「レイダース/失われたアーク《聖櫃》」のほうは、オープニングでデカい丸い岩に追いかけられる、ヒマラヤ山奥の酒場で手を火傷する、カイロの発掘現場でヘビだらけ、アークを載せたトラックを奪還、飛行機にガソリン引火、Uボートに潜入してクレタ島までついていってアーク開けて大変なことに、みたいなダイジェスト。
アジアの少年が車運転したり、猿の脳みそ料理、トロッコ、吊橋を切断、とかは本作ではありません。

あわせて読みたい