バーニーズ・バージョン ローマと共に

バーニーズ・バージョン ローマと共に

「バーニーズ・バージョン ローマと共に」を観た。

Barney's Version

いや面白かったね。これは良作でした。
ポール・ジアマッティ主演。ダスティン・ホフマンやミニー・ドライバーが脇を固めるが、ポール・ジアマッティがガッツリ主演。この映画はアカデミー賞のメーキャップ部門ノミネートだそうだが、ポール・ジアマッティが主演ノミネートされてしかるべきじゃないかなあ。

とあるテレビ制作会社のポール・ジアマッティは、かつて友人を殺した嫌疑をかけられて暴露本が出版されたりする。物語は現在と、当時の間を相互に埋めていくように進行。かつて結婚やら恋愛やら色々あった男の、長い人生が丹念に描かれるのだ。

途中からは「明日の記憶」みたいな感じになってきます。かつての殺人嫌疑とどう絡むのかと思っていたが、最後あたりの深い余韻と解決はいったいなんだろう。面白い映画だったなーという、感動。嫁は泣いたらしい。

はっきり言って、ジャケットはコメディ風だし、かなり損をしていると思う。これは感動ドラマですよどちらかといえば。
ぜひ観るべき作品のひとつだと思う。お薦め。ポール・ジアマッティはもっと売れるべきなんだよなあ。

 
バーニーズ・バージョン ローマと共に [DVD]
B00B5JT7S6