容疑者Xの献身

容疑者Xの献身

東野圭吾「容疑者Xの献身」を読んだ。

直木賞受賞作。そうすねえ、ここ最近のではかなり良いほうじゃないでしょうか。
面白かった。

叙述でありながら、倒叙で。とても好きなパターンである。
(ちなみに大仕掛けは、今回は読めなかった)

ただ、短い。なんかすぐ読み終わってしまって、もう少しあってもよかった。
想いを寄せる女性への「献身」なのだろうが、肝心の女性に魅力がまったく感じられず、どうして?と思わずにはいられなかった。

あと探偵側も魅力はなかった。

総合的に面白くなってたので「ほっとした」という気持ちだろうか…
なんか「白夜行」で直木賞をとってるほうがしっくりくるんだがなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です