きみに読む物語

「きみに読む物語」を観た。

ライアン・ゴズリングとレイチェル・マクアダムス。2004年の作品。
なんか見かけたことはあったけど食わず嫌いだった。

レイチェル・マクアダムスに惚れてしまったライアン・ゴズリングの話と、認知症の老婦人に物語を読み聞かせる老人の話とが、交錯する。
まあ老人の正体はすぐにわかることになるが、結構な王道ストーリーであり、ボーイ・ミーツ・ガールのがっつり完成形であると思う。

ライアン・ゴズリングは相変わらず高いポテンシャル。レイチェル・マクアダムスは実は20代後半でありながら、こういう役を得られるというのはこの人の特徴なのだろう。レイチェル・マクアダムスは別の男を作ったりもするがライアン・ゴズリングの一途な恋に最終的にはこたえるのであった。
そして老夫婦の話へ。ということで、結果的にはハッピー・エンドにはならない。認知症は読み聞かせでは回復せず、病状は進行するのみだ。それでいても、ストーリーを鑑賞する側としては老夫婦を応援せずにはいられないのである。王道な話なんだが、実に映画的。

面白かった。

 
きみに読む物語 スタンダード・エディション [DVD]
ニコラス・スパークス

きみに読む物語 スタンダード・エディション [DVD]
きみがぼくを見つけた日 [DVD] The Notebook きみに読む物語 (ソフトバンク文庫) 私の中のあなた [DVD] ブルーバレンタイン [DVD]
by G-Tools