未来を生きる君たちへ

未来を生きる君たちへ

「未来を生きる君たちへ」を観た。

In a Better World

いや凄い作品でしたね。
アカデミー外国語映画賞を受賞した作品。デンマーク語の原題は「Hævnen」で、復讐という意味だそうだ。

危険地域で医療奉仕をする父。その息子は学校でいじめられている。母親を亡くした少年が彼をかばうように事件を起こしたことから、物語が動き出す。
どこか危険な少年が許せないものに対してぶつかっていくプロセスと、危険地域での医療奉仕の切ない話と、二つが丹念に描かれていく。とにかく地味ではあるが、日本では想像もつかないような危険な日常でもある。二つの世界はどちらも生きづらさが半端なく、どうもアカデミー外国語受賞作はこういうのが多い気がしないでもないが、それでも力作ばっかり。
(この作品が受賞した際に、ノミネートされていたのが「BIUTIFUL ビューティフル」なのだから、なんという競争だろうか!)

凄かったな。
もう一度観たいかっていうと、それは無い。しかしまだ観てない人にはお薦めしたい作品。

 
未来を生きる君たちへ [DVD]
アナス・トーマス・イェンセン
B00CWW7Q8I