フィラデルフィア・エクスペリメント

フィラデルフィア・エクスペリメント

「フィラデルフィア・エクスペリメント」を観た。

The Philadelphia Experiment

なんかDVDジャケットは相当にB級っぽい感じではある。
どうもTVドラマのようで、1984年の「フィラデルフィア・エクスペリメント」のリメイクのようです。
リメイク元はMichael Paréとナンシー・アレンが主役だったそうで。今回のリメイク版にもMichael Paréは出てくる。主役を追跡する敵役という形で。逆ターミネーター系でしょうかね。

TVだからなのか、とにかくしょぼいCGがてんこ盛りなのである。突如として出現した船。それが時空を超えてワープしてきた船であり、乗組員は過去の人物でその孫との逃避行、スリルとサスペンス。みたいな感じ。

すごく低予算な雰囲気だけが伝わってきます。スペクタクルシーンは頑張ったのかもしれませんが、やはり説得性に欠けるというものだ。ドラマ風、「オーロラの彼方へ」的な方向へ振ってしまえば成立しそうな話が、質の悪いCGにより台無しになっている。ホント、なんでこれをリメイクする必要があったのか、しかもTVで…ということなのだ。そういえば途中でちょろっと出てきたマルコム・マクダウェルは何だったんだろう一体。

リメイク元は面白いのかなあ、もしかして…