ザ・バッグマン 闇を運ぶ男

ザ・バッグマン 闇を運ぶ男

「ザ・バッグマン 闇を運ぶ男」を観た。

The Bag Man

ジョン・キューザック、ロバート・デ・ニーロ、あとクリスピン・グローバーが変わらぬ感じで。それとドミニク・パーセル。
ヒロインは謎の女性。国籍もよくわからん。男でしたってオチなのかと思ってた。

ジョン・キューザックは殺し屋で、ボスであるロバート・デ・ニーロからある命令を受ける。バッグを受け取り、それをとあるモーテルに持ってこいというもの。なんとかモーテルまで辿り着いたジョン・キューザックだったが周りには怪しい奴らだらけ。そして謎の女性にも振り回され、いったいみんなの狙いは…という話。

けっこう酷いものだった。話が二転三転するタイプでサスペンス狙いなわけだが、ここまでこじれさせる世界観はいったい何なんだというもので、ロバート・デ・ニーロの動機が謎すぎる。
モーテルが舞台になるので「アイデンティティー」を彷彿とさせたが、クオリティは少しも迫っていなかった。

こねくり回せば何とかなるというものではない。
まだこの前観た「グランドピアノ 狙われた黒鍵」のほうがましだった。ロバート・デ・ニーロは何やりたかったんだ…

 
ザ・バッグマン 闇を運ぶ男 [DVD]

ザ・バッグマン 闇を運ぶ男 [DVD]
ワイルドカード ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/2枚組) [Blu-ray] コードネーム:プリンス ブルーレイ&DVD セット (初回限定生産/2枚組) [Blu-ray] 96時間/レクイエム(非情無情ロング・バージョン) [DVD] サボタージュ [DVD] スパイ・レジェンド [DVD]
by G-Tools