グリフターズ/詐欺師たち

「グリフターズ/詐欺師たち」を観た。

随分前に一度観た記憶がある。でも話は全然覚えてない。アネット・ベニングが眩しかった記憶くらいしかない。
この「グリフターズ/詐欺師たち」は、有名タイトルであろう。1990年の作品。もう20年以上前の作品ということになるんだねえ。

ジョン・キューザック、アネット・ベニング、アンジェリカ・ヒューストンの三人が主演。J・T・ウォルシュとかも回想で出演。
有名なタイトルなんだろうし、なんかそこそこ良質な作品と評価されているのではなかったか。
ところが…

三人は詐欺師で、それぞれバラバラに行動するしそれぞれの思惑がある。「ファミリー・ビジネス」みたいな共同プロジェクトの話ではないのだ。てっきり「オーシャンズ11」みたいな感じかと勘違いしていたなあ。

あとハイテク感がゼロなんだね。基本的にキャッシュだし鞄に入るくらいのお金を取り合う感じ。アネット・ベニングが何を考えてるかわかりにくいんだよなあ。アンジェリカ・ヒューストンとジョン・キューザックの怪しい関係はいったい何なのだ。

などなど、色々とツッコミを入れながら観ることになっていた。なんか思ってたのと違うなあと。
でもアネット・ベニングが眩しいし、映画史では重要な一作でもあるのでしょう。
マーティン・スコセッシが製作をやっている。同年に「グッドフェローズ」である。このときのマーティン・スコセッシは結構すごかったんですねえ。
 

1990年(第63回)アカデミー賞
主演女優賞ノミネート(アンジェリカ・ヒューストン)
助演女優賞ノミネート(アネット・ベニング)
監督賞ノミネート(スティーヴン・フリアーズ)
脚色賞ノミネート

 
グリフターズ/詐欺師たち [DVD]

グリフターズ/詐欺師たち [DVD]
ヒア アフター [DVD] 八月の鯨 [DVD] 王妃マルゴ [DVD] ラスト・タイクーン [DVD] ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル [DVD]
by G-Tools