戦場のアリア

戦場のアリア

「戦場のアリア」を観た。

35633452352

ダイアン・クルーガー主演の2005年作品。ダイアン・クルーガーが主演というとちょっと違うわけだが、この映画は基本的に1914年のクリスマス休戦をモチーフにした作品である。

クリスマス休戦 – Wikipedia

ポール・マッカートニーの「Pipes of Peace」のPVでも似たような雰囲気は掴み取れる。

公式記録ではないし都市伝説かもしれないが、こういう元ネタがあって、「Pipes of Peace」を観てそれを知ったわけである。だから昔から何となくこの話を知っていた。
「戦場のアリア」は前知識がない状態で観たので、途中で「ああ、これはクリスマス休戦の話なんだね」と違和感なく理解できた。

歌唱は吹き替えであるものの、ダイアン・クルーガーがあのクリスマス休戦に居合わせて、兵士をその歌声で癒したという美談だ。その後戦闘は再開してしまうわけだが、この映画ではそこまで踏み込まない。あくまで、奇妙な休戦についてスポットをあてている。

映像、音ともに、なかなかの迫力もありました。佳作だと思います。

 
戦場のアリア スペシャル・エディション [DVD]
ナタリー・デセイ
B003V1D2BO