オーデュボンの祈り

オーデュボンの祈り

伊坂幸太郎「オーデュボンの祈り」を読んだ。

不思議な話だったなあ。面白かった。
わりと大仕掛けはなく、不思議な話が不思議に終わった。

他の作品よりも、作者の特徴が少ないと思った。

伊坂幸太郎を読むのであれば、避けて通れないと思うが、これから読まなくてもよいかな、て感じでしょうか。
最後、もうちょっと色々あればよかったんだけど。

「この島に足りないもの」の箇所、俺は「あれかな?」と推測したのだがそれは見事当たっていた。
おそらくこういう話であれば、おそらくあれじゃないかな、あれくらいしかないんじゃないだろうか、と推測したのだが、まあ当たっていた。

ええ、自慢ですよ。自慢ですとも。
文句のある奴は前へ出ろ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です