サバイバー

サバイバー

「サバイバー」を観た。

Survivor

ミラ・ジョヴォヴィッチ主演のサスペンス。敵役にピアース・ブロスナンを迎え、アンジェラ・バセットやロバート・フォスターが共演。

ロンドンでアメリカ大使館に勤務するミラ・ジョヴォヴィッチ。渡航申請の確認でテロを目的とした旅行者を水際で防ぐ毎日。神経をすり減らしている。その大使館勤務のスタッフを全員狙った爆破事件が起こり、かろうじて生き延びたミラ・ジョヴォヴィッチが逆に爆弾犯と誤解されて追われる。爆弾犯のピアース・ブロスナンにも追われる…という話。

前半のミラ・ジョヴォヴィッチの逃走劇が思いのほかスリリング。やがて爆破事件の狙いもわかってきて、どうするミラ・ジョヴォヴィッチ…となってからが、まさかの展開だった。ミラ・ジョヴォヴィッチはテロが行われることを知る。それもアメリカはニューヨークのマディソン・スクエア。誰にも助けを求めることもできず、そして自分の誤解を解くためにミラ・ジョヴォヴィッチはアメリカに渡り、テロをあと少しのところで見事阻止するのだ。

ということで後半はまさかの大きな展開になっていて驚く。ミラ・ジョヴォヴィッチのスキル高すぎだろうと思わざるを得ない。イギリスのアメリカ大使館に勤める外交官が、結局はニューヨーク市民を救ったのだ。まじかよ。

とか書いてはいるが、けっこう面白かった。前半をちゃんと作り込んでいたのは大きい。ミラ・ジョヴォヴィッチ主演でここ数年ではまともだと思った。