スラムドッグ$ミリオネア

「スラムドッグ$ミリオネア」を観た。

以前にも観たことある。ダニー・ボイル監督作で、アカデミー賞を各部門受賞した。面白かった記憶はあるが、けっこう忘れていた。今回は子供たちと観たが、インドという国の実態を驚いて観ていた。

日本でいう「クイズ・ミリオネア」のインドでのお話。ある青年が問題を連続正解して最終問題直前まで来た。不正をやっているのではと怪しまれ尋問を受ける。しかし、この青年が幼少の頃よりこれまで生きるために行動してきた過程に、すべて問題の正解があったのだ…という話。

凝った構成になっている。クイズ番組に登壇しているときと、その直後の尋問を受けているときと、幼少よりこれまでに生き抜いてきた道と、それぞれ行ったり来たりする。とにかく生きるために懸命に行動してきたのだが、さらに運がとにかく良かったのもある。インドっていう国なのかこれが。これはしんどすぎる。

主役の青年(当時はティーンエイジャー)であるデーヴ・パテールはこの後「チャッピー」に出演したりと好調。ヒロインのフリーダ・ピントーも「恋のロンドン狂騒曲」など出演いろいろ。

面白い作品である。全体的にパワフルで、食わず嫌いの人も多そうだけど一度観てもらいたい。序盤からぐっと惹き付けられるはず。貫禄のアカデミー賞受賞作だ。ダニー・ボイル凄いもんだ。

2008年(第81回)アカデミー賞
作品賞受賞
監督賞受賞(ダニー・ボイル)
脚色賞受賞